ミニスーパーファミコンに対する個人的見解

もうすぐミニスーパーファミコンが出ますね。

スーパーファミコン発売当時、子供だった自分を思いだしながら、当時のあこがれと相まってものすごく待ち遠しいです。

実はセガのSC-1000を買ってしまい、スーパーファミコンを買わなかった自分が非常に残念に思います。

本体が1万円以上するものをそう簡単に買ってもらえません。ジッピーレースとスタージャッカーが名作だと思い込んで少年時代を過ごしていました。

そういう訳で、その後のゲーム人生はセガ派になりました。

SC-1000 → パソコン → サターン → ドリームキャスト

ですね。任天堂とソニーのハードは買っていません( ゚Д゚)。

今思うとばかばかしいですね。もっと任天堂のゲームやっておけばよかったです。

子供がいるとゲームをやる暇あまりないです。子供と一緒にやればよいと思うかもしれませんが、アクションでわいわいやるのと、一人でじっくりやるのは違います。

ゲームをしながら誰にも邪魔されずリラックスしたいんですよ。

子供のころに出た名作をリアルタイムに遊びたかったです。

友達の家でスーパーファミコンを触らせてもらうけれど、ロープレだけはやる機会がありませんでした。そりゃそうですよね。

今回期待しているのはスターフォックス、スターフォックス2、スーパーマリオワールド、ファイアーエンブレム、スーパーマリオRPGです。

スターフォックス2は今回初だそうですね。幻のゲームです。

パッドが当時のままなのも期待大です。この調子で拡張カートリッジでも出してくれれば言う事ないですね。

思う存分遊ぶ予定です。

コメント