記事とブログの違いについて

スポンサーリンク

ブログなのかアフィリエイトの記事なのか?

曖昧なカテゴリ

ブログと言っても日記であったり記事であったり様々です。

アフィリエイトをやる場合の記事は、最低でも2000文字は必要で、写真や見出しを適切に挿入すべきと良く見かけます。

記事の内容は読者にとって有益な情報であり、いつ、どこで、誰がいくら位で購入できるのか、使った結果どうなったのかをこと細かく書いていきます。

情報量が全てで、軌道に乗るまで書くことを辞めてはいけない。

日記の場合は、読み手がブログ主に興味がある場合や、個人的な日記帳とする場合に重宝します。基本的に何を書いても個人の自由です。

仕事と割り切ってブログを続けると飽きそうな気がします(=_=)。

どうやって稼ぐんだ?

今はブログでのアフィリエイトも浸透しました。SNSアフィリエイト最強説もあります。

結果的にもうかれば何をやっても正解だと思います。

読者にとって有益な情報なのか、共感できるのかが全てです。

広告をクリックしてキャッシュバックが得られなければただの日記帳です。

今は色々なネットビジネスがありますが、仕入れや、在庫の概念がないアフィリエイトが結果一番効率よさそうです。

色々一回りして、結局アフィリエイトに戻ってきました。

とりあえずやってみて失敗するのもありだと思います。

コメント