ロボットゲーム作りはなぜか飽きない

スポンサーリンク

ゲームのジャンルが偏る

会社の売れ筋はなかなか変わらない

ゲーム開発頑張っています。

何も書けないけど、ロボットゲーム続編面白くするために全力で作ってます。

ロボット乗ったことないから想像しながら作ってます。

本当ははコクピット視点でゲーム作りたいんだけど、自機が見えないんですよね。キャラゲーにならなくなってしまいます。

MS戦線はいい感じでコクピット視点でした。作っている時にモニターが16:9だったら対応したのに、今でも悔しいです。

まぁ横に広がるとポリ数が上がって処理が遅くなるんですけどね。

バトオペ好きな人って理不尽な事が好きな人が多かったですね。不便さや操作のしにくさを楽しむような感じです。

最近の軽快なガンダムゲームが好きな人には受け入れられないかな?

バトオペは「サクサク遊べるガンダムゲームはガンダムにあらず」みたいな空気がありますね。

軽快なガンダムはカプ色が強くなりすぎです。自社らしさを出してしまうと作品感が死んでしまいます。巨大ロボットを操作する事を忘れちゃだめですね。ゲームとしてのバランスもあるので、こだわり過ぎるとニッチなゲームになっちゃうんですよね。それでも思った通りに作ります。

ちゃんと全員で作ってます。期待してください。

まとめ

会社は商品が当たるまで手探りで色々なものを作ります。

いざ成功すれば、人気が持続するようにあらゆる手段で引き延ばしを行います。

売れるタイトルを3つくらい分散できるとちょうどいいんですけどね。

売れるか売れないかは作ってみないとわからないですね。

売れなかったら会社がつぶれるような博打は打ちたくないです。

コメント