ゲーム制作が忙しくて更新できませんでした

久々にゲーム業界ならではの忙しさです\(^o^)/。

今回はプログラマー同士の意思疎通について書きます。

ゲームプログラマーはなんとなくC言語で会話しているフシがあります。

日本語苦手です。

忙しい時期は企画に強く当たってしまう事もあります。うまく行かなくてイライラしているだけなので、やんわりスルーしてください。

プログラマー同士はあまり喧嘩をしません。直接問題点を話すより、サンプルコードを見せたり、バグの結果をそっと知らせたりします。あまり上から叩くと、自分が失敗した時にやり返されますからね。

ピリピリしていても、相手に気を使うように努力します。

企画には強く当たります。そもそも無茶振りをした張本人ですし、実際に作るのはプログラマーだから逆らえないと考えているからです。

逆に企画はプログラマーの人事権を握っています。使えない、逆らうプログラマーは容赦なく取り替えます。

こんな感じでフィフティーフィフティーなんですね。

プロジェクトを成功させるには、嫌でもぶつかった方がいいです。

企画の言うとおり作っても何故か面白いものはできません。現場で作り込んで、チーム全体で意見を出して何度もリメイクしたものが、面白いものになって出来上がってきます。

ある一定ラインを超えると、突然面白いゲームに切り替わります。これは感覚的なものなので、狙ってそうなっているわけではありません。絞り出して、偶然面白いものに切り替わります。

初めから面白いものを狙って作れる企画は極稀です。

面白くても意図が伝わらなくて埋もれていくゲームがたくさんあります。

何処かに全く気にしていなかったのに自分にピッタリのゲームあるかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク